結婚指輪の選び方

リングの裏側にもこだわれる結婚指輪。 次の3通りから希望と予算で決めています。

 

結婚指輪の購入方法は、既製品の「レディメード」、複数のデザインから選んで仕上げる「セミオーダー」、世界でひと組しかないオリジナルに仕上げる「フルオーダー」の3通りです。

お互いのリングの内側に刻印を入れるなど、婚約指輪ではできないペアならではのこだわりが実現できるのがが、結婚指輪です。

・レディメード

完成された既製品です。刻印に数週間かかるので、買ったその場で持ち帰れるケースは稀だと覚えておきましょう。お店によっては既製品に石をプラスしたり、アームをマットな光沢に変えたり、オプションを付けられる場合もあります。

・セミオーダー

何種類もあるデザインから、好きなパターンを選ぶことができます。素材や表面仕上げの方法、石の有無や種類を選べるシステムで、決まったデザインの中から選ぶので、仕上がりが想像しやすく、安心感を得られるのがメリットです。

・フルオーダー

ふたりの希望やイメージに沿って、専門家がデザイン画を作成し、世界でひと組しかないオリジナルリングにできるのが魅力です。完成まで2 ~3カ月と時間はかかるけれど、イメージ通りのものが完成した時の喜びはひとしおです。

 

●指タイプ&肌色別の指輪選びポイント

 

毎日ずっと身につけるものだから、自分の指に似合うことが結婚指輪選びの大切な条件のひとつです。 そこで、主な指タイプ別&肌色別に、悩みをカバーするリング選びのポイントを紹介します。

・色白の人

青味がかった色白の肌と相性ばっちりなのが、プラチナやホワイトゴールドです。ダイヤモンドやピンクダイヤ、ブルーダイヤなど透明度の高い石も肌をキレイに見せてくれます。

・色黒の人

日焼けした肌や黄味肌の人におすすめなのは、ゴールドやプラチナ×ゴールドのコンビです。ガーネットなど深みのある色の石と相性 がいいので、誕生石の色味をチェックしてみてはいかがでしょうか。

・指が長い人

アームが直線的で、ボリュームのある幅広タイプがおすすめです。個性的で凝ったデザインのものも指映えするはずです。逆に、アームが細すぎると指輪が貧弱に見えてしまうこともあるので注意です。

・指が短い人

V字、U字、ウェーブなどアームに変化のあるデザインは、指長効果が高い。女性ならメレダイヤなど石がちりばめられた指輪も、指以外に視線をそらせる効果があってカバーリングになります。

・指が細い人

細身アームと相性がよいので、リングの重ねづけが似合うはずです。透かし彫りや小さめのモチーフなど、個性が強すぎない繊細なデザインは、華奢な指を華やかに見せてくれます。

・指が太い人

5ミリ以上の幅広アームで、S字など視線が縦に流れるデザインが、ぽっちゃり指を華奢に見せてくれます。大きめの石をセットするなど 立体的なデザインも効果的です。

・関節が目立つ人

関節の太さが気になる指は、ボリューム感とインパクトでカバー。幅広のストレートアーム、石入りなら埋め込みタイプ、ゴールド系が、節を目立たないようカバーしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*